みちのく通信

雑記ブログです。みちのく(東北地方)の話題や観光情報、断捨離や生活全般に関して体験したことなど書いています。

ソースカツ丼

福島県会津地方はソースカツ丼と言う、地元ならではの食べ物があります。

これは会津若松市内の

「とんかつ番番(ばんばん)のソースカツ丼です。税込み1100円。

f:id:ugo-own-michinoku:20200815160732j:image

(2020年8月14日撮影)

 

ソースカツ丼の特徴は、ご飯の上にキャベツの千切りが載っていて、その上に甘辛いタレを絡ませたトンカツが載っていることです。このお店は、会津若松市内でもソースカツ丼がうまいと評判のお店。

美味しかったです。

 

一方、福島県会津柳津町(やないづまち)のソースカツ丼は卵焼きが載っているのが特徴です。

f:id:ugo-own-michinoku:20200815161121j:image

 

(2020年6月20日撮影 会津柳津町の道の駅にて)

 

これは会津柳津町の道の駅で食べたソースカツ丼です。

お値段は600円から700円台だったかと思います。

お値段に比例するせいか、やはり肉の質が悪く、

ここで食べた会津柳津町のソースカツ丼は、私としてはあまりおいしいと思いませんでした。

値段も値段ですしね。

もしかしたら、柳津町の中でももっと美味しいところがあるのかもしれませんね。

とんかつ番番の方がお値段が良いのですが、

私としては番番のソースカツ丼のほうが好みです

とんかつ番番ですが

付け合わせにある茄子の油炒め(多分、油で素揚げして、ジュっと辛いタレに漬けたものだと思いますが)

これがまたおいしかったです。

 

f:id:ugo-own-michinoku:20200815161530j:image

(2020年8月14日撮影

会津若松市内とんかつ番番にて)

 

会津若松市内のとんかつ番番は会津ソースカツ丼会の老舗と言われていることも後で知りました。

 

ドライブ旅行で道の駅で食事をすることもあるのですが、

当たり外れも多いなと思います。

道の駅猪苗代の天ざるそば

は、まずかった…。(私の感想です)

会津地方と言うのはそばが有名なのですが、

郡山市内の蕎麦屋のほうがおいしいとその時思いました。

道の駅ではひととおり、その土地の食べ物を味わうことができますが、

やはり、その街の中でもともと営んでいて 地元の人に愛されている昔からのお店にはかなわないと思いました。

 

シンプルな事ですが

美味しいしからこそ

長年に渡って地元の人に愛されてそして老舗と言われるようになるのだと思いました。